Night Wire Wide Range Harmonic Tremelo

Night Wire™
ハーモニックトレモロ

ナイトワイヤーは入力信号をハイパスとローパスフィルターに掛けて,後段のLFOを通過させるトレモロです。このペダルは伝統的なハーモニックトレモロの音を襲来しながらフィルターのセンターポイントを動かせる様になっており、ミニスイッチで3つのモードを選択します。1Manual 固定するフィルターのセンターポイントをFrequencyで設定。2LFO フィルターは常に動いており、Frequencyで動きの早さを調節。3Attack ピッキングの強弱でフィルターの動きを変え、Frequencyはフィルターの幅を調整、エンベロープフィルターの様になります。トレモロ部は二つのモードになります。1Manual トレモロのスピードはRateで調整します。2Attack ピッキングの強弱によってスピードが変わりRateでトレモロの入力段に入る信号の調整をします。強くピッキングすると早くなり、弱くピッキングすると遅くなります。セッティングの仕方によっては今までに効いた事も無いトレモロを聴けるでしょう。Levelで全体の音量の調節が出来るのも便利です。

コントロール

Rate Toggle Switch - トレモロのスピードがどの様にコントロールされるのかの設定
•Manual - トレモロのスピードはRateで設定出来ます
•Attack - トレモロのスピードは入力信号の強弱によって変化し、強くピッキングするとトレモロが速く、弱くピッキングするとトレモロは遅くなります。ピッキングを一回した後に音をサステインされると音が減退する毎にトレモロのスピードも徐々に遅くなります

Frequency Toggle Switch - フィルターがどのように動くかの設定
•Manual - フィルターのセンターポイントはFrequencyで設定出来ます
•Attack - フィルターは入力信号の強弱によって変化します。オートワウやエンベローブフィルターの様な使用の際には最適です。Frequencyで入力感度を設定します
•LFO - フィルターのセンターフリークエンシーはLFOによって常に動いておりフェイザーやロータリースピーカーの様な使用の際には最適です。FrequencyでLFOのスピードを設定します

Level - ナイトワイヤーの出力の調整。12時方向で入力されている信号と同じになります

Depth- トレモロの深さの設定。ゼロに設定するとトレモロは切られ、フェイズシフター、エンベローブフィルターの様に使用する事が可能です

Rate - Rate Toggle SwitchがManualの場合は、トレモロのスピードの設定。Attackの場合はピッキングの強弱に反応する入力感度の設定になります

Frequency - Frequency Toggle SwitchがManualの場合はフィルターのセンターポイントの設定。LFOの場合はLFOのスピードの設定になります。Attackの場合はピッキングの強弱に反応する入力感度の設定になります

寸法
117mm x 63.5mm x 57mm

電源
ナイトワイヤーは9V、DCパワーサプライで2.1mmのネガティブセンターのアダプターで使用出来ます。デイジーチェインやトランス方式でないパワーアダプター等の使用ではノイズが乗る事が有りますので当社では推奨しておりません。また9V以上出力する電源は使用しないでください!

スイッチ
電子リレー方式のトゥルーバイパスを採用していますので、電源無しでは音は出力されません。

消費電流
30mA

※在庫切れの際は、お取り寄せにお時間をいただく場合がございます。

【GINGER掲載商品】 EarthQuaker Tremelo Harmonic Range Wide Wire Night / Devices-エフェクター

【GINGER掲載商品】 EarthQuaker Tremelo Harmonic Range Wide Wire Night / Devices-エフェクター

【GINGER掲載商品】 EarthQuaker Tremelo Harmonic Range Wide Wire Night / Devices-エフェクター

サイト内に記載の価格は税込となります。